血液透析センター

透析スペシャリストのご紹介

高度な専門性を持った透析技術のスペシャリストを配置し、
患者様に寄り添う治療を実践しています

「透析技術認定士」「透析看護認定看護師」「慢性腎臓病療養指導看護師」「CAPD(腹膜透析)認定指導看護師」など透析治療に特化したスタッフがサポート

当院は透析患者様に充実した人生を送っていただけることを最優先に考えています。患者様お一人お一人の身体状況、心(お気持ち)、生活の状況を踏まえて、腎不全の保存期、透析の導入期、維持期、透析長期などさまざまな段階において、その人らしくより健康に生きられることを願ってサポートします。
医師、看護師、臨床工学技士、ソーシャルワーカー、訪問看護師、薬剤師、栄養士など関係するあらゆるスタッフと協働して、それぞれの患者様に最も適した、安全で安心な透析治療をご提供します。
患者様やご家族のお気持ちを大切にしながら、透析センター、病棟、外来、院外の在宅サービス関係者の方々とも連携して、質の高い継続看護を目標にしています。
腎臓病に関すること、そのケアに関することなど、どんな小さなことでも構いません。いつでもお気軽にご相談ください。

認定看護師って?

日本看護協会が行う看護師認定審査に合格し、ある特定分野において熟練した看護技術と知識を有することを認められた看護師を認定看護師といいます。「救急看護」など、21分野が認定看護分野として特定されていて、全国で約2万人が活動をしています。
患者様とご家族によりよい看護を提供できるよう、認定看護分野ごとの専門性を発揮しながら認定看護師の3つの役割「実践・指導・相談」を果たして、看護の質の向上に努めています。専門的な治療や看護が必要な患者様とご家族に対して最適な看護は何かを、認定看護分野の専門知識に基づいて判断し、実践します。他の看護師に対しても、自らが手本となって専門知識や看護技術などを指導し、水準の高い看護を行えるように働きかけたり、看護の現場で直面する問題や疑問の相談に乗ったりします。そうして改善策を導き出せるように支援するのも役割の一つです。

透析技術認定士って?

透析療法合同専門委員会が認定している透析治療の専門技術者のことです。看護師、臨床工学技士の中でも特に人工透析に関しての専門知識を持っているスタッフになります。腎臓機能が低下して本来の機能を果たせなくなり、腎不全を起こしている方に対して人工的にその機能を補う血液透析に関する業務に携わるのが透析技術認定士で、関連学会に認定されることで得られる認定資格です。病院やクリニックの透析室や透析センターなどに勤務することが多く、透析のスペシャリストとして透析患者の水分管理や体重管理などに関して、適切な指導を行うことも大切な役割となっています。

CAPD(腹膜透析)認定指導看護師

日本腹膜透析医学会が認定している腹膜透析治療の分野における専門的な技術と知識を有する看護師の事です。腹膜透析は自宅や職場でも行う事が出来る透析療法です。患者さんが主体となって透析をして頂くため、患者さんとそのご家族への教育、指導、相談がとても重要になります。腹膜透析に対する不安や心配事など、患者さんやご家族に対して、専門知識と技術を持った看護師がしっかりとサポートいたします。

慢性腎臓病療養指導看護師って?

腎不全看護の分野において熟練した看護技術と知識を有することを認められた看護師です。腎不全や慢性腎臓病の患者さんとそのご家族に対して専門性の高い看護を実践し、患者さんと各医療スタッフの連携を円滑に進める役割を担います。更にはスタッフ教育や腎臓病医療チームのリーダーシップを発揮し、慢性腎臓病の看護の質向上に主体的に取り組みます。腎不全看護のスペシャリストとして、患者さんとご家族の長期療養生活が、より豊かになるよう支援をいたします。

血液透析センターのスタッフ

当センターには、透析看護認定看護師、慢性腎臓病療養指導看護師、CAPD認定指導看護師、透析技術認定士などの資格を持つスタッフがいます。より専門性の高い知識と技術を持った専門スタッフが揃い、患者様の負担を軽減するためのサポートをしています。

資格 人数
透析看護認定看護師 1名
慢性腎臓病療養指導 看護師 2名
CAPD認定指導看護師 3名
透析技術認定士 9名

令和2年4月1日現在